【休眠預金事業公募のご案内】

事業の趣旨

 一般社団法人全国食支援活動協力会では、1986年高齢者の会食会、配食サービスの連絡会組織として発足し、様々な食を通じたコミュニティ活動を促進しています。2016年からは全国のこども支援団体・社会福祉協議会・行政・企業等とのネットワークでこども食堂の輪を広げる事業を実施してきました。
 少子高齢化に伴う「人口減少社会」「地域格差」は、コロナ禍の影響も背景に、「地域格差の拡大」を助長しています。しかし、現在講じられている様々な施策は、行政のタテ割りや利用対象者別に細分・限定されている現状があります。他方、食は子どもから高齢者まで全世代に関わる事であり、まちづくり、学習支援、若者、社会的養護や貧困の課題に関わる多様な居場所との融和性ももつと考えます。そこで、本事業では食に関する居場所の機能及び地域住民のエンパワーメントに着目し、地域に住まう様々な人のごちゃ混ぜ感を前提とした「共助」の仕組みづくりを通して、安心できる住み続けたい地域づくりを目指します。
 本事業の目指すビジョンに共感し、居場所の伴走・中間支援機能を果たし、エンパワーメントを捉えた参加支援のプログラム開発や、行政・企業・社協他多様な関係団体との協働促進を意欲的に取り組む実行団体の皆さんと協働できることを期待しています。

説明会のご案内

本事業の説明会を下記日程にて開催いたします(完全オンライン)。
参加希望者は下記メール宛にお申し込みください。申請をご検討されている場合は可能な限りご参加ください。また、行政・社協等との連携が求められる事業のため、当該機関の方とご一緒に参加されることを推奨いたします。
 
【公募説明会 日程】
11月7日(月) 13時~
11月8日(火) 15時~
11月9日(水) 10時~
11月10日(木) 12時~、16時30分~
11月16日(水) 10時~
11月18日(金) 9時~
11月21日(月) 9時~
11月22日(火) 9時~
11月28日(月) 13時~
12月1日(木) 10時30分~
※ご参加が難しい方で希望される方には動画をお送りいたします。
事務局までご連絡ください。  

【お申込み・お問合せ】 saposen@mow.jp(事務局)

申請期間:2022年11月7日(月)~12月9日(金)

公募内容

食のある居場所に着目した地域福祉を推進するために、行政や社協他多様な関係団体との協働促進により下記の課題に着目して広域的に活動を推進、またはこれから取り組もうとしている中間支援組織(団体)
・少子高齢化に伴う「人口減少社会」「地域格差」「中山間地支援」などの地域課題の解決
・コロナ感染拡大の影響による経済、教育、情報格差の広がり、孤立・孤独感増、体験機会の減少に対する環境改善
・活動地域内の地域資源開発に加えて、当会及び全国的な中間支援団体組織との連携による資源開発
・企業や行政・社協など多様な関係者と継続的な対話・連携、これまでにない支援者・機関を巻き込んだ協議体
・生活支援コーディネーターや地域包括支援センターなど地域福祉の関係機関との連携
 
※本事業では行政・社協他、多様な機関との連携が求められます。
※個別団体の運営資金の補助を目的とした事業ではなく、あたらしく地域のプラットフォームになるような仕組みづくりに取り組まれる団体の事業に対する助成であることにご注意ください。
 
 
【事業期間】2023年4月~2026年2月
【採択予定実行団体数】6団体程度
【助成総額】15,000万円(予定)
【1団体あたりの最大助成額】 2,500万円(3年度分上限)
2023年度(上限)1,000万円  2024年度(上限)800万円  2025年度(上限)700万円
 
※応募状況によっては限度額が変更される場合もあります。

公募要領・公募ガイドラインをよくお読みの上、申請書類をダウンロードして作成ください。

 

申請書類

申請に必要な書類(詳細は公募ガイドラインをご参照ください)
■申請書類
(様式 1)助成申請書
(様式 2)団体情報
(様式 3)事業計画書(エクセル版・パワポ版両方の提出が必要です)
(様式 4)資金計画書(積算の手引きはこちらをご参照ください)
(様式 5)ガバナンス・コンプライアンス体制現況確認書
(様式 6)役員名簿
(様式 7)自己資金に関する申請書
(様式 8)申請書類チェックリスト
■団体情報に関する書類
 定款、登記事項証明書
 事業報告書・決算報告書(過去3年分)
■推薦書
■その他の参考資料
団体パンフレットや広報誌等、参考となる資料(任意)

参考書類

申請方法

メール提出 または 郵送(締切12月9日(金)必着)

当法人所定の助成申請様式に必要事項を記入のうえ、以下の関係書類を添付し、下記方法でご提出ください。郵送の場合、当該データを保存したDVD又はUSBをお送りください。
 
メール:saposen@mow.jp 
郵送:
158-0098 東京都世田谷区上用賀六丁目19番21号
一般社団法人全国食支援活動協力会 事務局宛
 
 

助成事業の流れ

公募期間

2022年11月7日(月)~12月9日(金)  

選考委員会による審査

第三者から成る選考委員会にて審議をはかり決定いたします。

審査結果のご連絡(採択通知)

2023年1月中下旬頃を予定。 ※審査結果の進捗に関してはお答えしかねます。

内定団体向けオリエンテーション

助成が決定した団体は、当会が東京で主催する事前オリエンテーションへの参加をお願いします。 開催予定日:2023年2月を予定
会場:東京都内(交通費・宿泊費補助あり)

休眠預金等活用とは

 

2009年1月1日以降の取引から10年以上、その後の取引のない預金等(休眠預金等)を社会課題の解決や民間公益活動の促進のために活用する制度が2019年度から始まりました。この制度は資金の特性上、公益性が高いことから「指定活用団体」「資金分配団体」「実行団体」と3つの役割にわけられて運用されています。(下図参照)

全国食支援活動協力会は資金分配団体として、指定管理団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構と連携をしながら、民間公益活動を行う複数の実行団体に対して助成と伴走支援を提供しています。

過年度実施事業の詳細はこちら

お問い合わせ・相談窓口

 一般社団法人全国食支援活動協力会 事務局
03-5426-2547(平日10~17時)
メールでのお問合せはこちら